グレード

クレジットカードの審査通過が不可能な原因とは

クレジットカードをこれから発行したい、と考える人であれば銀行やクレジット会社の審査に通過する必要が有ります。
カード発行には審査が通過しない限り作成する事が出来無いのですが、実際には国内でも審査が通過しなかったと言う方は少なく有りません。
その要因として様々な事柄が考えられるのですが、審査通過が不可能な原因とは一体どのような事なのでしょうか。

まず最も多く考えられる原因が、過去にクレジットカードで何らかのトラブルを起こしているケースなのです。
例えば、過去にクレジットカードで買い物をした際に支払いが遅延してしまったり残高以上の買い物を繰り返していればそのケースに当たり、一度でもこのような事が有ればクレジットカードの会社は情報を共有してしまうのです。
なのでトラブルを起こした他の会社でカード発行をしても情報は周っているので、発行を断られてしまう可能性が出てくるのです。

他には、クレジットカードを多数保有している場合にも、発行を断られてしまうケースが存在します。
ほとんどのクレジットカードには利用限度額と言う数値が決められているのですが、その利用額の合計金額が多くなっていれば新たに発行するカードの審査を通過出来ないのです。
なので、現状であまり使用していないクレジットカードの解約を行ったり限度額の引き下げによってカード発行の可能性が生まれるかもしれません。

もちろん他にもカード自体に年齢制限が決められていたり出身大学の制限、更には年収の制限まで厳密に決められているケースが多く有ります。
これらの制限に関しては公に公開している会社も存在するので、事前に確認しておけば審査が通らないリスクも減少するのでは無いでしょうか。
もちろんゴールドカード等のランクが高いカードの発行には年収の制限や年齢制限が必須になってくるでしょう。
いずれにしても、公開されている審査情報を自分と照らし合わせて確認しておく事は非常に有効的な方法ではないでしょうか。

Copyright(C) 2013 生活を便利にするサポート役 All Rights Reserved.