グレード

カードローンとキャッシングって?

近年では消費者金融という金融会社が非常に注目度を高めているのですが、テレビCMやネット広告でもその会社の名前を伺う事は多くなっています。
大手であればお金を借りる際に様々なサービスを利用する事が出来たり消費者にとってメリットが多く設けられています。
ただ、お金を借りる際にはカードローンとキャッシングと言う2つワードを見かける事が多いのですが、実際にこれらのワードにどのような違いが有るのでしょうか。

もともとクレジットカード自体にカードローンと言う制度も持っていますし、キャッシングと言う機能も利用する事が出来ます。
どちらもクレジットカードでも利用できることから内容を同様の物として考えてしまう方が多いのですが、具体的にはカードローンとは借入の返済を分割にする方法なのです。
名前の通りローン形式で返済金額を小まめに返していく方法なのですが、金利を含めた金額を残高と照らし合わせながらゆっくりと返す事が出来るのです。

反対にキャッシングとは、カードローンのように小まめに分割する返済方法ではなく、返済に必要なお金を一括で払ってしまう方法なのです。
その事から一時的な利用に向いており、金利を含めた全額を支払日にまとめて返してしまう事が出来るのです。
ただ、このキャッシングにしてもそうなのですが、返済方法が変わっても金利に関しては絶対に付いてくるので最終的に支払う額に変わりは無い、と言う事を念頭に入れておく必要が有るのです。
クレジットカードの所持には、これらのサービスも利用できる事が確かなのです。

以上の事から、カードローンとキャッシングの違いとは借入したお金の返済方法に違いが有るのです。
最近では消費者金融からお金を借入する方が増えているのですが、その際には分割で返済するカードローンか一括で返済するキャッシングを選択する事が出来るのです。
ただ、いずれにしても借入金額に対する金利が付いてくるので、その金額を含めた返済額をしっかりと考えておく必要が有るでしょう。

Copyright(C) 2013 生活を便利にするサポート役 All Rights Reserved.