グレード

グレードの高いカードのデメリットとは?

クレジットカードを利用している方とは国内でも数多くの人が当てはまるのですが、中にはグレードの高いゴールドカードやプラチナカードに拘っている方も少なくは有りません。
カードを他人に自慢したり見せびらかす為にグレードの高い物を欲している若者も非常に多いのですが、その分所持するリスクも大きくなってしまうのです。
では、一体グレードの高いカードに寄せられるデメリットとは何なのでしょうか。

まず考えられる事は、利用限度額が一般のカードに比べて高く設定されているポイントです。
一般的にゴールドカードであれば、利用額をだいたい100万円目安で考えており、使用者としてはムダに買い物をしてしまうケースが増えるのです。
もちろん利用限度額によって使用者の金銭感覚も麻痺させてしまう危険性が考えられるので、グレードの高いクレジットカードによって破産してしまう事も十分に考えられるのでは無いでしょうか。

また、年会費が通常のクレジットカードに比べて高く設定されている事も1つのデメリットとなっています。
最近ではネットで発行できる無料のカードも存在するのですが、実はグレードの高いカードを持てば一万円以上の年会費を取られてしまう可能性も有るのです。
毎年支払い続けていく訳ですから、そのカードの年会費が無駄な出費になっていないかどうか、をしっかりと考えておく必要もあるでしょう。

もちろん単純にグレードの高いカードを持っている事で、版面が目立ってしまって強盗等のトラブルに巻き込まれる危険性も少なからず存在するのです。
カードのグレードとは個人の収入を現す大きなポイントなので、このようなリスクも付きものである事を把握してから発行する必要が有るでしょう。
以上の事から、グレードの高いカードが持つデメリットとは利用限度額や年会費が高い事なのです。
また、版面が目立ってしまうので金銭的なトラブルに巻き込まれる、と言う可能性も有るので注意する必要が有るでしょう。


Copyright(C) 2013 生活を便利にするサポート役 All Rights Reserved.