グレード

暗証番号の注意点とは?

クレジットカードを発行する際には、銀行やクレジット会社等で直接入会申込書に記入する方が多いのですが、その際欠かせないのが暗証番号の作成なのです。
暗証番号とはカードで支払う際に絶対に必要になり、その番号を他人に知られてしまえば悪用の危険性にも繋がりかねません。
なので、暗証番号作成の際にはいくつかの注意点が存在するのです。

まず、暗証番号を作る基本として、他人から分かりにくい番号を並べる必要が有るのです。
例えば、クレジットカードを財布の中に入れている方がほとんどなのですが、もしも財布を落としてしまえば、財布内に入っている個人情報が書かれたアイテムも同様に見られてしまうのです。
その事からクレジットカードの暗証番号を誕生日の数字にしていたり電話番号の4桁などに設定していると、直ぐに暗証番号を解読されてしまう危険性が有るのです。
もちろん暗証番号を他のサービスで設定している番号と同じ数字にする事も避けておく方が良いでしょう。
一定の番号でいつも使っていれば、いざ1つの番号が流用した時に全てのサービスに影響を及ぼしてしまうのです。

また、暗証番号を入力の際に誤った番号を連続して打ってしまえば、クレジットカード自体の使用を停止される危険性が有るのです。
記憶違いなどでカードの入力を数回誤ってしまえば、クレジット会社に電話を入れて再びカードの再使用の許可を取らなければいけません。
なので、もしも暗証番号が思い出せない場合にはサインでもクレジットカードの利用は可能なので、そのような処置を取るようにしましょう。

これらの事から、暗証番号の注意点とはまず人に見つかりにくい番号に設定する事が基本であり、他のサービスで定めている番号等も避けておいたほうが良いでしょう。
また、カード使用の際に暗証番号の入力を数回誤ってしまえばクレジットカードの使用が難しくなるので、もしも思い出せないときにはサインでの処置を取るように心がけておきましょう。


Copyright(C) 2013 生活を便利にするサポート役 All Rights Reserved.